スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語検定1級エッセイ

こんばんは。最近家庭教師のアルバイトが始まりました。中学生と小学生の兄妹同時指導です。普通のテキストに加えて独自の「レポート課題」を出したりしています。たとえば「空はなぜ青いのか?」とかを調べてまとめるという趣旨のものですね。今日は中学生の男の子がつくってきたレポートを見たのですが、高校レベルの有機化学反応がまとめてあって中学生の水準を大きく越えていたので、私の中ではその子の評価は大きく高まりましたね。

さて、日常会話程度では英語が使えるようになり、買い物をしたり道案内をしたりするには、まあ大丈夫だろうというところには到達したように思います。一年、二年前の自分自身と比べればだいぶマシという感じで、ベルリッツでのレッスンは意味があったなというふうに思っています。

しかし、自分自身からどんどん喋っていけるようにはなっていません。ほとんどはリスナーになってしまうという場合で、質問ができても筋道立った回答をできるようになっていないのが現実です。何をしなくてはいけないのか、というところを抜け出して、「いかに語学力をつけなくてはいけないのか」ということを真面目に考えなくてはいけないなと思うようになりました。

【続きを読む】

スポンサーサイト

第152回TOEIC結果

こんにちは、カズです。ようやく卒論終わりました。これで卒業式を迎えるだけです。

先月末に受験したTOEICのスコアが発表されました。結果は…730点。予想していたほどではなかったですね~

TOEIC score

私としては未知の単語などもあんまりなくて、リーディングは易しい回なのかなと感じていました。リスニングセクションが伸び悩んだようです。途中で上の空になったりして、あんまりちゃんと聴けなかったしたのが点数に現れていますね、残念ながら。

もう少しちゃんと試験対策をしておくべきだと感じました。

I took the TOEIC test today

I took the TOEIC test today as I described before. The place for the test was Taisho University, Toshima, Tokyo. I went into a building (perhaps, bldg.10) and went into a classroom on the fifth floor. My seat was at the corner near a door. The classroom looked clear and comfortable. I thought a private college was quite different from national one in a financial way because there were two plasma display panels and a clock on the wall so that students could work on studying. Some examiner were there and they gave us examinee lots of instructions about the test and their policy. They checked sound out of a speaker device: no problem. I experienced this time the atmosphere of TOEIC tests like this again.

【続きを読む】

TOEICを受験予定

どうもこんばんは。カズです。今日は東京で久しぶりに雨が降っているのを見ました。

今月末、1月31日(日)に第152回TOEIC公開テストを受験します。TOEICを受けたのは大学に編入する前の年のゴールデンウィークごろが最後だったので、前回受けたときから3年弱経過しています。確かそのときのスコアは 580くらいだった……と記憶しています。

今日はそんなTOEICについて、考えてきたことをまとめてみようかなと思います。

【続きを読む】

めざせ100万語 - 60万語突破

あけましておめでとうございます。カズです。今年もよろしくお願いします。

前回の更新から一ヶ月以上が経ちました。そのあいだに Graded Reader や少し物理の教養教科書を読んだりして、60万語を達成しました。100万語をめざすようになってから、だいたい5ヶ月が経ったところです。平均として一日4000語程度読んでいることになります。Graded Reader の1ページが大体 300語ですから、13-14ページ程度は毎日読んでいるということですね。

なんというか、「自分は英語が結構できるほうだ」などと思っていたことがいまでは恥ずかしいです。たくさん読めば読むほど自分の語学知識の欠如というものを実感せずにはいられません。

つい最近になって、ようやく「数式の英語での発音方法」とか「元素の英語名」を覚えました。つまり、私自身の英語の実力などは本当にその程度のものでしかなかったということです。

【続きを読む】

めざせ100万語 - 40万語突破

こんにちは、カズです。大学の研究室でこの記事を書いています。

ようやく40万語を突破しました。10月10日の時点では14万語でしたから、あれから2か月で26万語を読んだわけです。一日あたり4300語程度読んだことになりますね。

いま読んでいるのは「黄色レベル」にあたります。すなわち、

  • Oxford Bookworms Library Stage 3 (OBW)
  • Cambridge English Readers Level 3 (CER)
  • Penguin Readers Level 3 (PGR)

OBWは後ろのほうに単語の説明とか、著者紹介、書籍紹介があり、さらに読む前後に考えるポイントを踏まえたアクティビティがあって、学校の授業向きの本です。ブックオフで本を買うと、本当に高校生が使っていたとおぼしきプリントが挟まっていたりします。

【続きを読む】

快読100万語

こんばんは、カズです。卒論中間報告も終わり、研究室では必要な試薬や機材やらを揃えているだけのため時間が有り余っている状態といえます。

夏休みあたりからGraded Readersをたくさん買って読んでいます。いまはOxford Bookwormsのステージ2、Cambridge English Readersのレベル2、Penguin Readersのレベル2を読んでいる段階です。スターターレベルから始めて、これまでに27冊読みました。全部で14万語といったところです。目標とする100万語に対してようやく 1/7 です。

快読100万語!ペーパーバックへの道 (ちくま学芸文庫)快読100万語!ペーパーバックへの道 (ちくま学芸文庫)
(2002/06)
酒井 邦秀

商品詳細を見る

【続きを読む】

バークレーハウス:お買い得

こんばんは。カズです。工学部主催スペシャルイングリッシュレッスン夏の特別講座を受講してきました。最後には記念の受講証もいただきましたよ。担当の学校はバークレーハウスで、1日6時間×4日で合計24時間のレッスンを3万円で提供…という形でした。

結論からいうと、2chの風評はデタラメでした。先生は50手前のベテランで、発音や単語や文法の間違いも丁寧に直してくれました。中級コースを受講して、プレゼンテーション、いやむしろスピーチの上手い方法を教わりました。

【続きを読む】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。